審査回答は最短即日

ネットでの申し込みで手続きを進めるオリックス銀行カードローンは、審査回答が最短即日と早めに審査結果を知りたい方にも適する借り入れ先となります。初回の融資に関してはカードが届き次第となるために即日とはいきませんが、契約後であれば提携ATMや銀行振り込みでの素早い借り入れの利用もできるようになっています。

申し込み当日の今日中に借りたいといった借り方には向きませんが、限度額に応じて変わる金利で返済負担を抑えたカードローンを利用したい、他社の高い金利からの借り換えやおまとめの一本化として利用をしたいといった希望や目的があれば、オリックス銀行カードローンは優れていると言えます。

最低限の利用条件と審査基準

オリックス銀行カードローンを利用するためには、自身で安定した収入を得ていることが条件となります。年収や職種に関する制限は設けられていませんが、低金利の銀行カードローンであるために低すぎる収入では審査通過は難しくなります。

自身で収入を得ていれば一応はアルバイトやパートの方でも申し込みは行えますが、審査に通るかとなると話は変わります。やはり中心となるのは正社員や公務員、または事業資金としては使えませんが個人が使う範囲であれば個人事業主など、ある程度の水準での安定した収入を得ている方となります。

また、審査基準をクリアするためにはクリーンな信用情報も求められるため、他社でのカードローンやキャッシングの利用があるとしても、しっかりとした正常な返済が行えていなければなりません。オリックス銀行カードローンに申し込みを行う時点で他社への返済が正常に行えていなかったり、または他社利用が著しく多い場合には、どうしても審査結果は厳しいものとなってしまいます。

申し込みを進めるにあたって

ネットで来店不要で申し込みが行えるオリックス銀行カードローンは、手続きを進める上で注意をしておきたい点があります。場合によっては審査時間を余計に要することになってしまったり、または審査結果に悪影響を与える可能性もあるので注意が必要です。

まず基本となるのが、申し込み内容の正確な入力です。入力内容にミスや間違いがあると確認のために本人宛に連絡が入るため、余計な手間がかかります。確認が取れるまで審査はストップしてしまうので、かかってくる電話にすぐに出られない場合や気付かなかった場合などは審査回答がそれだけ遅れてしまいます。

間違いやミスではなく、虚偽があった場合にはさらに厳しくなる可能性があります。嘘の内容での申し込みは信用を落とすことになり、審査結果には大きな悪影響を与えてしまいます。カードローン契約は信用が重要な要素となるため、虚偽内容での申し込みは自ら審査に落ちに行っているようなものなのです。

また、加えて気をつけておきたいのは、他社との多重申し込みです。カードローンの申し込みは審査まで進んで信用情報機関に情報が照会された時点で、履歴として半年間は信用情報機関に情報が残ります。多重申し込みを行うと履歴が短期間で積み重なるため、返済が行われるのか疑わしくなり、審査結果に悪影響が出る可能性があります。

オリックス銀行カードローンに限らず他の銀行でも消費者金融でも同様ですが、カードローンでの借り入れを利用したいと考えるなら、何社も同時に審査を進める多重申し込みは行うべきではありません。

申し込みは慎重にミスなく進める

慌てて申し込みを進めるとミスや不備が出てしまうので、オリックス銀行カードローンへの申し込みを進める際には慎重によく確認をしながらとした方が良いです。入力内容の間違いが多いと申し込み自体が取り下げられる場合もあるため、送信前にしっかりと確認をしておくべきです。

第00位
★★★★★
オリックス銀行カードローン
低い金利と高い限度額が魅力のカードローンで、来店不要で口座開設も不要で手続きが進められます。
オリックス銀行カードローン
年利借入限度額審査時間融資までの目安
1.7%~17.8%最高800万円最短即日初回数営業日
オリックス銀行カードローン
業界最低水準の金利となる信頼の銀行カードローンであり、申し込みも契約も来店不要で進めるため、安心して借りられると評判です。おまとめや借り換えにも対応をしており、他社で高い金利で借りている方は、乗り換えで利息負担が軽減する可能性もあります。カードは全国の提携ATMで手数料終日無料で使えますので、金利が低いだけでなく、手数料コストも抑えられるお得な借り入れとして人気です。

借り入れまでの流れ

申し込みをしてから審査、契約、そして借り入れまでの一連の流れは、オリックス銀行カードローンでは来店不要となっています。自宅にいながら手続きが進められるので、誰かに見られることもなく内緒での手続きが進められます。

オリックス銀行と保証会社であるオリックス・クレジット株式会社、または新生フィナンシャル株式会社による審査が完了後は、基本的にメールでの結果連絡となります。申し込み時点でのメールアドレスの確認が完了していないと電話での連絡となりますが、メールアドレスの確認を終えていれば基本的にはメールで審査結果が伝えられます。

審査完了後は本人確認や在籍確認などの各確認となり、その後にカードの郵送と借り入れの実行となります。借り入れは全国に設置の提携ATMで手数料が無料で利用ができるほか、登録金融機関宛の振り込み融資でも利用が可能です。

カードはオリックス銀行が通常業務でも使用する封筒で届けられるため、封筒を見ただけではカードローンに関連する内容物が入っているとは分からないようになっています。もちろん封筒の表にも裏にもカードローンの文字は記載されていないので、中身を見られない限りはカードローン利用が分かりにくいようになっているので安心です。

在籍確認は個人名で行われる

申し込みから契約までの手続きで気にする方も多い在籍確認は、オリックス銀行カードローンでは銀行名は出さずに行われます。担当者が個人名で勤務先への電話連絡を入れ、申し込み者本人が在籍しているかを直接確認する手続きとなります。

大雑把には「(担当者の個人名)と申しますが(申し込み者)様はいらっしゃいますか?」といった電話となり、本人に電話が代わらない限りはオリックス銀行名も在籍確認の用件も明かしません。本人に電話が繋げられて初めてオリックス銀行カードローンの在籍確認であることが伝えられるので、はじめに電話に出た方からすると何の電話かは分かりません。

本人に電話が代わった後もあれこれと細かく何かを聞かれるわけではなく、「確認が取れましたので在籍確認は完了となります」といった具体に在籍確認の手続きは終わります。

何の電話か聞かれた場合には

オリックス銀行カードローンの在籍確認は個人名での電話となるため、電話に出た方が何の電話か気にする、または聞いてくることもあるかもしれません。その際には「カード申し込みの確認の電話」と言っておくのが自然で、実際にクレジットカードもキャッシング枠をつけて申し込みを行うと在籍確認が行われるため、カードの確認の電話としても何ら不自然なことはありません。

限度額ごとに変わる金利

カードローンでの借り入れを考える上では、金利の確認は欠かせません。借りることばかりではなく返済も考えて借りないと計画的な利用ができないため、オリックス銀行カードローンでの借り入れ前にもしっかりと金利を確認するようにしましょう。

オリックス銀行カードローンの金利は全体で見ると年1.7%~17.8%となっていますが、限度額ごとのコースによってそれぞれ適用される金利が分けられています。限度額が大きくなると金利が段階的に下がっていくので、大きな限度額での契約となれば低金利での借り入れが可能です。

コース 限度額 金利(年)
100万円未満 100万円未満 12.0%~17.8%
100万円 100万円 6.0%~14.8%
150万円 100万円超150万円以下
200万円 150万円超200万円以下 5.0%~12.8%
300万円 200万円超300万円以下
400万円 300万円超400万円以下 4.5%~8.8%
500万円 400万円超500万円以下
600万円 500万円超600万円以下 3.5%~5.8%
700万円 600万円超700万円以下
800万円 700万円超800万円以下 1.7%~4.8%

オリックス銀行カードローンの金利は借り入れの金額ではなく限度額によるコースごとに決められているので、借りる金額が少額であるとしても限度額が大きければ金利は低くなります。

例えば、10万円を借りる場合に限度額が10万円では適用される金利は年12.0%~17.8%となりますが、同じ10万円の借り入れでも限度額が200万円だとすると金利は年5.0%~12.8%となります。

限度額が大きければそれだけまとまった金額の借り入れの利用ができるために便利ですが、それ以外にも金利が低くなるメリットがオリックス銀行カードローンにはあります。計画的に必要最低限の借り入れのみの利用ができるのであれば、限度額が大きく持てる場合には金利負担を減らすためにも限度額を大きくしておくのも悪くはありません。

オリックス銀行カードローンの限度額がいくらになるかは、オリックス銀行と保証会社の審査によって決まります。希望額が必ず通るわけではありませんが、大きな限度額での契約が可能となるだけの安定した収入を得ている方は、金利を下げる意味でも限度額を大きくしておくのは有効な使い方となります。

余裕が持てる返済金額

毎月少しずつの返済も可能となるオリックス銀行カードローンは、借り入れの残高によって月々の約定返済金額が決められています。借り入れ残高が大きくなれば一回あたりの返済金額も大きくなり、借り入れ残高が少額になれば返済額も少なくなります。

借り入れ残高 毎月の返済額
30万円以下 7,000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超150万円以下 30,000円
150万円超200万円以下 35,000円
200万円超250万円以下 40,000円
250万円超300万円以下 45,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超 80,000円

毎月の約定返済金額はあくまで最低限の返済額となるため、余裕があるのであれば追加での任意の返済も可能です。上乗せをしての返済を進めておけばそれだけ借り入れ残高が減らせるので、より利息の負担が削減できるようになります。

30万円以下の借り入れ残高なら月々の返済が7,000円と余裕が持てるのがオリックス銀行カードローンの返済金額設定ですが、最低限の返済だけでなく余剰金があるなら多めに返済をしておくことで、より負担の軽い返済が行えるようになるのです。

30万円以下の借り入れ残高時に返済を10,000円ずつ進めるとすると、7,000円の返済時に比べて毎月3,000円分だけ多くの借り入れ残高に対する返済が進みます。利息は借り入れ残高から算出されているので、多めの返済を進めるとそれだけ翌月以降の利息が減り、さらに返済が進めやすくなります。

返済も提携ATMで手数料無料

返済も全国に設置の提携ATMで行え、カードを使った入金は提携ATMの利用で手数料が無料となります。時間や曜日を問わずにATM利用手数料が無料となるため、いつでも手数料を気にせずに入金が行えます。

借り入れも返済も提携ATMの利用なら手数料が無料となるのは、オリックス銀行カードローンが大きく優れる点でもあります。週末の土日であっても平日の夜間であっても手数料がかからないので、週末に銀行口座からお金を引き出す際にかかる手数料よりも、数万円の数日間の借り入れであればオリックス銀行カードローンで借りた際の利息の方が安く付く場合もあります。

ATM利用手数料は一度あたりは100円と消費税や200円と消費税などの大きな金額とはなりませんが、何度でも限度額内で繰り返し使えるカードローンにおいては、トータルでの手数料負担は大きくなりがちです。

オリックス銀行カードローンなら手数料を気にせずに必要なときに必要な分だけ借り入れ、返済も毎月の期日までの入金の他に任意での返済も手数料を気にせずに行えるので、役立つ便利な利用ができるようになっています。

提携ATMは全国各地に設置

オリックス銀行カードローンの借り入れや返済が行える提携ATMは、日本全国のコンビニや金融機関で数多く設置がされています。身近なATMで手数料が無料で使えるようになっているため、困ったときの素早い借り入れも、忙しいときのATMでの返済も進めやすいです。

幅広い用途に使えるカードローン

オリックス銀行カードローンは細かな用途に縛られてはいないので、生活費としての利用だけでなく買い物やレジャーの費用、または医療費や教育資金などのまとまった用途にも対応をしています。

申し込み時には簡単な資金使途の選択欄がありますが、限度額内で繰り返し借りる際には資金使途を申告する必要はありません。そのため、当初は生活費としての借り入れとして申し込みをした場合であっても、限度額内でレジャー資金として、趣味の費用としてのカードローン利用ももちろん可能です。

何も当初に申告した通りの資金使途にしか使えないわけではなく、幅広い用途で便利に借り入れが利用できるのでオリックス銀行カードローンは大変便利なのです。

借り換えとしても人気

限度額によって金利が下がるオリックス銀行カードローンは、他社での高い金利で借りている方の借り換え先としても人気です。特に大きな金額を高い金利で借りている方はオリックス銀行カードローンへの借り換えで金利負担が低下する可能性があり、毎月の返済も最終的な返済金額も、条件次第でオリックス銀行カードローンなら縮小できるようになります。

特に100万円超の借り入れ金額で年15.0%の金利で借りている場合などは、オリックス銀行カードローンへの借り換えが有効となり得ます。元々の借り入れ先で適用されている金利次第ではありますが、オリックス銀行カードローンは限度額が100万円超150万円以下で金利が年6.0%~14.8%となるので、審査の結果次第では金利負担が低下するのです。

大きな金額ではなく100万円未満の借り入れでも適用される金利は年12.0%~17.8%となるため、元々の適用金利が年17.8%や18.0%であった場合には、オリックス銀行カードローンの審査結果によっては借り換えによって金利が低下する可能性があります。

おまとめローンにも適する

限度額が最高で800万円と大型のカードローンとなるオリックス銀行カードローンは、複数の借り入れを抱えている方の一本化としてのおまとめローンにも適しています。1社間の借り換えよりも元々の利用条件次第でおまとめローンの方が大幅な金利の低下に期待が持てるので、いくつかの借り入れ先がある方はオリックス銀行カードローンへのおまとめを考えてみるのも良いでしょう。

特におまとめ前の利用先が消費者金融で、総額100万円超の借り入れがある場合にはオリックス銀行カードローンへのおまとめには注目です。消費者金融でのカードローンキャッシングは多くの場合で上限金利の適用となってしまうため、17.8%や18.0%の実質年率での契約となるものです。

例えば2社から60万円ずつ18.0%の実質年率で借りているとすると、オリックス銀行カードローンにまとめれば120万円を年6.0%~14.8%の金利で借りられることになります。年6.0%の金利となればおまとめ前の3分の1の金利に、年14.8%でも3.2%も金利が下がります。

返済先も今まではそれぞれ異なる返済日や返済金額となっていたのが、おまとめローンの利用を行えばオリックス銀行の一本に絞られます。返済の負担も手間も削減ができるようになるので、いくつかの借り入れを抱えている方はオリックス銀行カードローンへのおまとめが有効なのです。

おまとめローンは複数の借り入れを一本化する借り方となりますが、あまりにも件数が多すぎる場合や返済が正常に行えていない場合などは、オリックス銀行カードローンでのおまとめローン利用は難しくなるので注意が必要です。

無理なく借りてこそのカードローン

オリックス銀行カードローンに限らず、カードローンは計画的に無理なく使ってこその便利なサービスとなります。金利が抑えられる借り入れとなるオリックス銀行カードローンでも無計画に借りてしまえば返済負担が大きくなってしまうため、借りる際にはしっかりと返済を考えておかなければなりません。

借りる金額に対する毎月の返済金額はもちろんですが、加えて最終的な返済金額やいつまでに払い終えるのかなど、返済のシミュレーションはカードローンを利用する上では欠かせません。

限度額内なら繰り返し何度でも借りられるからと余計な利用ばかりを重ねると、毎月の返済も最終的な返済総額も大きくなってしまいます。返済負担を大きくしないためにも必要最低限のカードローン利用に留め、計画的に使えるように考えるべきなのです。

計画的に無理なく利用を重ねていると、オリックス銀行カードローンでは限度額が増額される場合があります。限度額が増額されれば大きな金額まで借りられるだけでなく、借り入れの際の金利の低下にも期待が持てるようになるので、今後の増額や金利の低下を見据える意味でも余裕のある利用を心がけてください。

ページトップへ戻る