3種類のカードローンを提供

もみじ銀行は広島県広島市に本店がある、第二地方銀行です。もみじ銀行のカードローンの特徴として、申込み条件や金利が異なる、3種類のカードローンがあります。

マイカードプレミアム、マイカードもみじ君、ミニカードローンの3種類ですが、大雑把にいえばこの順番で金利は優遇されていて、同じ順番で申込み条件が厳しくなっています。

限度額と金利で比較

もみじ銀行カードローンのそれぞれの限度額と金利については、マイカードプレミアムが最高500万円で4.4%~11.4%、マイカードもみじ君が300万円で8.5%~14.5%、ミニカードローンが50万円で10.5%となります。一見マイカードプレミアムが低金利に見えますが、50万円までの少額の利用であればミニカードローンの金利は10.5%と低金利で利用ができます。

少し金利について詳しく見ていきます。マイカードプレミアムの金利は、審査によって4.4%、7.4%、11.4%のいずれかの金利が適用されます。マイカードもみじ君は100万円以下なら12.0%か14.5%のいずれか、110万円以上なら8.5%か12.0%のいずれかの金利が適用されます。

つまり50万円までの借入れなら、マイカードもみじ君よりもミニカードローンの方が低金利で利用ができます。また、審査次第で低金利で利用ができるのが、マイカードプレミアムとなります。

年収の条件で比較

もみじ銀行マイカードプレミアムはやはり条件が厳しくなっています。100万円までの限度額なら年収200万円以上、限度額200万円なら年収400万円以上と増えていき、最高限度額500万円を申込むには年収1000円万円まで必要です。

ただし、消費者金融系のカードローンの場合、総量規制によって、限度額は年収の1/3までとなっています。これと比べると、マイカードプレミアムでさえ年収の1/2まで借入れが可能です。

マイカードもみじ君の場合、限度額100万円までなら、安定した収入があれば申込みが可能です。限度額110万円以上であっても、年収200万円以上あれば申込みは可能です。ただしこの場合、派遣社員やパートアルバイトは申込みできません。

ミニカードローンの場合、少し条件がややこしくなります。給与や年金の振込先にもみじ銀行を利用している、公共料金の2種類以上をもみじ銀行での引き落としにしているなど、どれかの条件を満たしていれば申込みができます。

パートやアルバイトでも申込み可能ですが、初回は10万円~30万円の限度額となります。50万円のコースを利用するには、少なくともミニカードローン契約から2年経過している必要があります。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る