種類のあるカードローン

福島銀行には3つのカードローンがあります。1つは教育カードローン学問の助で、金利面は優遇されているのですが、学生の親、使い道も教育関連に限られるので、フリーのカードローンではありません。使い道自由のカードローンはフリーライフとイーベの2つになります。

同じ福島銀行のカードローンでも、それぞれ違いがあります。限度額、金利、金利の決まり方、申込み方法、必要書類に違いがあるので、申込む前に確認しておいた方がいいでしょう。

カードローンフリーライフ

フリーライフの限度額は500万円と、大型融資にも対応したカードローンです。金利は4.8%~14.6%と、銀行ならではの低金利となっています。金利は限度額によって決まります。

100万円以下なら14.6%ですが、100万円超200万円以下なら13.0%に下がります。400万円超なら最低の4.8%の金利が適用されます。限度額が400万円を超えても、カードでのお金の借入れ金額は自由です。例えば限度額500万円で、借入れが100万円でも、金利は4.8%しかかかりません。

来店不要で、しかも福島銀行に口座がなくても申込みできます。必要な書類は免許証か健康保険証、パスポートのいずれか、申込限度額が300万円を超える場合には所得を証明する書類が必要です。

毎月の返済は最低1万円からで、借入残高に応じて増えていきます。50万円超で2万円、100万円超で3万円と変わっていく点に注意しておけばよいでしょう。

カードローンイーベ

イーベの限度額は300万円と、フリーライフに比べるとやや少ないです。それでも300万円あればほとんどの人が十分に感じるでしょう。金利は6.5%、9.0%、14.6%のいずれかが適用されます。

フリーライフと違い、金利は限度額ではなく審査によって決定します。AコースからCコースまであり、Aコースの審査に通れば6.5%、落ちればBコースで再審査をして9.0%、次がCコースで14.6%と、どれかが適用されます。限度額もコースによって変わり、Bコースなら200万円、Cコースなら100万円まで限度額が下がります。

イーベはネットからの申込みができないのですが、審査の回答が早く、基本的に申込んだその日の内に結果がわかります。また、必要な書類として、免許証か健康保険証かパスポートのいずれかが必要なのに加え、通帳と印鑑も必要です。

フリーライフは300万円まで所得を証明する書類が不要でしたが、イーベの場合は、100万円を超える申込みの場合には所得を証明する書類が必要です。

毎月の返済額はフリーライフと同じで、借入残高に応じて増えていきます。最低1万円で、50万円超で2万円、100万円超で3万円と変わっていくのはフリーライフと同じです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る