荘内銀行は審査のやり直しがきく?

荘内銀行は山形県の地銀ですが、ユニークなカードローンのサービスがあります。ドリームコンシェルというカードローンが最高金利14.6%、融資限度額500万円で利用できます。

ドリームコンシェルのユニークな点は、もしも審査に落ちてしまった場合、ドリームコンシェル・リトライというカードローンに再申込みができる点です。一度審査に落ちてしまってもやり直しがきく、珍しいカードローンとなっています。

ドリームコンシェルの特徴

融資額が10万円以上で限度額が500万円と、幅広い用途に利用できるドリームコンシェルですが、毎月の返済額は借入残高によって変わります。

銀行のカードローンの場合、毎月の返済額は2,000円などの少額のものと10,000円の高額なものにわかれます。大体が10万円を超える所から返済額が大きくなるのですが、ドリームコンシェルでは30万円以下なら一律5,000円が返済金額となります。

10万円借入れであれば他行のカードローンの方が返済額が少ないのですが、30万円の借入れであれば、荘内銀行のカードローンの5,000円の返済は少ない部類に入ります。ある程度の金額を無理なく返済したいのであればぴったりのサービスです。

ただし、ドリームコンシェルは他のカードローンと比べて審査時間は長めです。即日融資には対応していないので、1週間程度の日数は見ておいた方がいいでしょう。審査に落ちてしまった場合にはドリームコンシェル・リトライで再審査が可能ですが、それだけ融資までの日数も伸びる点には注意が必要です。

ドリームコンシェル・リトライ

ドリームコンシェル・リトライは、ドリームコンシェルの審査に落ちた場合に利用できる、再チャレンジ用のカードローンです。それぞれ保証会社が違うので、審査は別の機関が行います。ドリームコンシェルはフィディアカード、リトライはオリエントコーポレーションの審査に通れば利用が可能です。

ドリームコンシェルのメリットとしては、同じ荘内銀行のカードローンの手続きで、そのまま再審査が行える点があります。審査に落ちてしまった時に、別のカードローンで初めから手続きをするのは面倒ですし、そちらの方が審査に通りやすいという保証もありません。

一方デメリットとしては、再審査でまた時間がかかる点と、金利が高くなる点があります。ドリームコンシェル自体の審査時間が長いのに加え、すぐに再審査してくれるとはいえ、融資までの時間はさらに伸びてしまいます。また、リトライの方が金利面では高くなる可能性があるので、その点もデメリットとなります。

それでも再審査の制度は、審査に不安のある人にとって安心できるサービスといえるでしょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る