3種類もあるカードローン

長野銀行は第二地方銀行です。地方銀行というと、大手の銀行と比べて質が下がると思う人もいます。カードローンのサービスにおいても同様ですが、長野銀行のカードローンが大手のカードローンと比べて劣るという結果にはなりません。

長野銀行のカードローンだけで、ながぎんプレミアムローン、ユニティ、リベロと、3種類あります。どれも便利なサービスですが、1つお勧めを挙げるなら、リベロの使い勝手が良いです。

ながぎんプレミアムローン

長野銀行ながぎんプレミアムローンは、限度額100万円、200万円、300万円の3種類あり、金利は4.6%という低金利です。非常に条件の良いカードローンですが、誰でも申込みができるわけではありません。

長野銀行で住宅ローンを組んでいる人専用のカードローンなので、条件に当てはまらない人には検討の余地はありません。ただし、長野銀行で住宅ローンを組んでいるならば、ながぎんプレミアムローン一択になるでしょう。

カードローンユニティ

長野銀行カードローンユニティは、限度額が50万円、返済は毎月1万円というシンプルでわかりやすいカードローンです。新卒の場合には限度額20万円と下がりますが、新卒で100万円単位のカードローンを利用する必要はないでしょうし、したとしても返済が大変です。むしろ新卒でも利用ができるカードローンという表現が適当でしょう。

金利も12.6%と、一般的な銀行のカードローンと比べても見劣りはしません。これも一見、高金利に見えるかもしれませんが、一般的に金利は限度額が低い程に低金利になります。50万円程度の限度額の場合、ほとんどが最高金利の14%~18%台の金利が適用されますので、低金利となるのです。

カードローンユニティは限度額は50万円と少なめですが、ちょっとした備えとしては十分なカードローンと言えます。

便利に使えるリベロ

長野銀行リベロは、限度額は500万円、金利は限度額に応じて5.5%~14.5%と、限度額、金利ともに魅力のあるカードローンです。配偶者に収入があれば専業主婦でも申込みができます。

5.5%の低金利は魅力ですが、適用には限度額400万円以上の審査に通る必要があります。現実的には100万円以下の14.5%、または200万円以下の13.0%が現実的な所でしょう。

高額の申込みでなければ、金利面ではユニティの方が使い勝手がいいかもしれません。それでもリベロがお勧めのカードローンなのには理由があります。

まず、リベロは10万円以下であれば、毎月の返済額がたったの3000円です。ユニティは一律1万円ですが、リベロは借入残高に応じて返済額が変わります。10万円を超えると返済額は9000円に上がりますが、10万円以下で利用するなら毎月の返済の負担は微々たるものです。ちょっと困った時用の備えとして、リベロはとても使い勝手がいいのです。

また、ユニティと違って高額の借入れにも対応しているので、たくさんお金が必要な人の要望にも応えられます。ちょっとした借入れにもたくさんの借入れにも対応できる点で、リベロがお勧めです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る