武蔵野銀行は総量規制の対象外

カードローンを申込む時にネックとなるのが総量規制です。総量規制とは貸金業者が貸付けを行う際の制限について定められた規制です。総量規制によって年収の1/3を超える金額の借入れは禁止されています。

ただし、武蔵野銀行は銀行のカードローンなので、総量規制の対象外です。年収の1/3を超えていても利用ができるので、総量規制で審査に引っ掛かる人には有効なカードローンと言えます。他にも銀行のカードローンはありますが、特に武蔵野銀行を選択肢に入れるのには理由があります。

銀行なら借りられるという嘘

銀行なら総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える金額でもカードローンが組めます。そのような話をよく聞きますが、実際はそう単純ではありません。

総量規制の対象である消費者金融のカードローンは、銀行に比べて審査基準が低いと言われています。そんな消費者金融で断られる融資を、より審査の厳しいと言われている銀行で簡単に借りられるわけではありません。審査の厳しい銀行であれば尚更、多額の借入れは難しいと考えるべきでしょう。

問題なのは、多くの銀行のカードローンが、年収に対してどれ位なら融資できるかという基準を公表していない点です。銀行だから大丈夫なのか、銀行だから駄目なのか、肝心の銀行側が教えてくれないので、高額の借入れの場合、どこで申込むのが正解なのかがわかりにくいのです。

武蔵野銀行なら基準が明確

武蔵野銀行カードローンのシグナスが、総量規制に引っ掛かる人にお勧めな理由は、限度額と年収の条件が明記されているからです。

100万円または150万円の限度額の場合、年収の条件は300万円以上です。200万円の限度額なら年収400万円以上、250万円なら500万円以上、300万円なら600万円以上といった具合に、限度額が上がると年収の条件も上がります。ですが、概ね年収の1/2程度であればカードローンの申込みができると考えてよさそうです。

多くのカードローンが年収の1/3程度から貸出しを渋る中で、年収の1/2まで貸し出しを行うシグナスは貴重なカードローンです。貸出し条件が緩いからといって、武蔵野銀行のカードローンの金利が他行と比べて高めという心配も無用です。

逆にシグナスの金利は他行と比べても低い方なのです。100万円の限度額でも金利はたったの10.0%、300万円なら6.0%の低金利で利用できます。特に年収に対する限度額の割合が大きい場合、返済の面から金利の低い所を選ぶのはとても重要です。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る