横浜銀行カードローンなら早い

カードローンというと消費者金融が手軽で、銀行は堅苦しいというイメージがあるかもしれませんが、現在は両者の差はそれ程なくなってきています。

特に横浜銀行カードローンは、インターネットでも申込みができる上、審査時間も短いので、最短でその日の内に融資を受けられます。しかもネットからなら24時間受付しているので、いつでも申込みが可能です。忙しくて店頭に行く暇がない時でも、手軽に申込みができます。

横浜銀行カードローンのここが便利

審査時間が短いからといって、金利が高いわけではありません。横浜銀行カードローンの金利は3.5%~14.6%と、低金利で利用できます。対応の早さと金利の低さの両方を兼ね備えています。

さらに、限度額300万円までなら収入証明書は不要です。カードローンの手続きでは、限度額が大きい場合には収入証明書類の提示を求められます。これが結構面倒なのですが、例えば消費者金融の場合、50万円を超える金額では収入証明書類を提示するよう総量規制という法律によって定められています。

銀行ではいくらから収入証明書類を提示するのかは、各銀行の判断に委ねられています。横浜銀行の300万円までという金額は大きい部類に入ります。日常の買い物や生活費の補填、観光総裁の出費などに使うならば、300万円あれば十分すぎる位です。

カードローンは学生、専業主婦、パートやアルバイトの場合、断られてしまうケースが多いです。横浜銀行カードローンなら、配偶者に安定した収入があれば専業主婦でも申込みが可能ですし、パートやアルバイトでも問題ありません。学生は残念ながら申込み不可ですが、専業主婦やアルバイトでも利用できるので、幅広い人に利用されています。

横浜銀行カードローンのここに注意

とても便利な横浜銀行カードローンですが、毎月の最低の返済額は10,000円からとなっています。毎月の返済額を少なくしたい人には向いていませんが、低金利で毎月の返済額が大きい程、払う利息は少なくなるので一長一短です。

また、最短で即日融資ですが、あくまで最短という但し書きがあり、当日に融資を受けられない可能性はあります。例えば審査が長引く場合や、営業時間外で融資が翌日以降に延びる場合もあります。それでも審査時間が短ければ、借りられるかどうかの判断がすぐにつくので、この意義は大きいです。

審査の長いカードローンを選んでしまうと、何日も待たされた挙句、結局借りられないという可能性もあるからです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る