関西アーバン銀行で借りる

関西アーバン銀行は、大阪府に本店がある第二地方銀行です。カードローンを選ぶ時に、消費者金融を候補に入れる人が非常に多いのですが、これは認知度の問題があります。アコム、プロミス、アイフルなど、大手消費者金融のカードローンの社名を見ない日はない位、あちこちに広告を見かけます。

見落とされがちですが、普段利用している銀行でも、カードローンの取り扱いはしています。もちろん関西アーバン銀行でも、アーバンカードローンというカードローンのサービスがあります。

消費者金融にもメリットやデメリットがあるように、アーバンカードローンにもメリットやデメリットがあります。後悔しないためには、双方のデメリットを踏まえた上で選択をする必要があります。

アーバンカードローンとは

アーバンカードローンは関西アーバン銀行で取扱いしているカードローンです。申込みは店頭以外にも、電話やネットでも行えます。限度額10万円~500万円とゆとりがあり、4.0%~14.4%と低金利で利用ができます。

基本的な利用方法は消費者金融のカードローンとそれ程変わりません。申込みをすると専用のカードが発行されます。カードを使って、いつでも簡単に借入れができるようになります。

4.0%~14.4%の金利は、限度額と審査の結果によって決定します。例えば100万円以下なら、7.0%~14.4%の金利が適用されます。100万円超200万円以下なら5.0%~12.0%の金利が適用され、限度額が増えていくと金利は下がっていきます。

消費者金融との違いとは

アーバンカードローンにはメリットとデメリットがあるので、場合によっては消費者金融のカードローンの方が適している可能性もあります。では何を判断基準に選べばよいのか、ここは金利と融資までのスピードがポイントになります。

消費者金融の金利にも最低金利と最高金利があります。ただし、消費者金融での金利は主に限度額によって左右されます。限度額が高額であれば低金利が適用されますが、定額のカードローンの場合にはほぼ最高金利が適用されます。

消費者金融の最高金利の多くは18.0%なので、アーバンカードローンと比べてかなりの高金利となります。お得に利用したいのであれば、アーバンカードローンの方が優遇される可能性が高いです。

ただし、アーバンカードローンの場合、ネットでの申込みは可能ですが本契約は店頭で行います。カードが発行されなければ借入れができず、発行までは数日かかります。急ぎでお金が必要な時には消費者金融の方が便利です。金利をとるなら関西アーバン銀行、急ぎなら消費者金融という見方になります。

最後に、アーバン銀行特有のメリットとして、申込み条件の年齢制限があります。多くのカードローンでは60歳を超えると申込先はぐっと減ります。関西アーバン銀行では75歳まで申込み可能ですが、これはカードローン業界の中でもめったにありません。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る