京都銀行カードローンは便利?

京都銀行にはカードローンW(ワイド)というカードローンのサービスがあります。長期的に付き合っていくならとても便利なカードローンです。京都銀行は地方銀行の中でも規模が大きく、安定感があります。しかし、カードローンWにはデメリットもあります。それは手続きの厳しさや面倒さです。

京都銀行は来店手続きのみ?

消費者金融のカードローンでは、無人契約機があったり、インターネットでの申込みができたりと、申込み手続きがしやすい環境が整っています。また、今は銀行でも申込みがWeb上でできる所が増えてきています。

しかし、京都銀行でのカードローンは基本的に店頭での手続きとなります。また、カードローンWの申込み条件として、安定した収入がなければ申込みができません。専業主婦や年金受給のみの方は利用ができません。勤続年数1年以上なければ50万円以上の限度額の申込みも不可能です。

こういった理由から、京都銀行のカードローンを検討候補から避けている人がいるのも事実です。

カードローンWは優秀

申込みに関してはやや難のある京都銀行ですが、実際のサービスの質はとても高いと言えます。限度額は30万円から500万円までの5種類あります。金利も3.975%~11.975%と、銀行のカードローンの中でも低金利の水準です。限度額の大きさや金利の低さから、他社からの借り換えにはとても有用なカードローンです。

また、公共料金などの口座引落としの残高が不足していても、自動融資で引き落としをしてくれるので、うっかり入金を忘れてしまっていた時でも安心です。低金利で高額の融資に対応してくれる京都銀行のカードローンは、内容はとても優秀なのです。

申込み後の利便性

カードローンでは申込みの手軽さは意外と重視されています。インターネットから簡単にできる点や、申込みから融資までの時間がスピーディな点などは、カードローン利用を検討している人にとって、魅力的に感じます。

しかし、最初の手続きが簡単でも面倒でも、一度持ったカードローンの利便性はほとんど変わりません。2回目からは提携しているATMにカードを入れるだけで、簡単に繰り返し利用できます。2回目からの利用で重要になってくるのは、手続きどうこうではなく、金利や限度額の話に変わってきます。

カードローンを利用するにあたって、どちらを重視すべきなのかを考えた上で、自分に合ったカードローンを探すべきでしょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る