複数あるカードローン

豊和銀行は大分県の第二地方銀行であり、大分県在住であれば、普段から利用している人も多いでしょう。豊和銀行のカードローンは専業主婦でも利用できるカードローンsや限度額の大きいカードローンプラス、標準的な新スーパーカードローンの3つあります。

それぞれの違いもそうですが、そもそも豊和銀行のカードローンを選んでよいのか、そのメリットとデメリットを加味して検討する必要があります。

3つのカードローンの違い

豊和銀行のカードローンはカードローンs、新カードローン、カードローンプラスの3つです。これら3つのカードローンではまず、限度額と金利が違います。

カードローンsは20万円または30万円で金利は14.6%、新カードローンは20万円から200万円の5コースで金利は6.5%~13.5%、カードローンプラスは50万円~300万円で金利は12.0%となっています。限度額や金利を重視するなら、新カードローンやカードローンプラスが向いています。

ただし、専業主婦でも申込みができるのはカードローンsです。また、他のカードローンは勤続年数も申込みの条件に含まれます。新カードローンでは1年以上、カードローンプラスでは3年以上の勤続年数が条件です。カードローンsなら新卒でも、20万円のコースならば申込みが可能です。専業主婦や新卒社会人の場合には、カードローンs一択となります。

豊和銀行カードローンの利点と欠点

豊和銀行のカードローンのメリットとして、馴染みのある地方銀行という点は意外と重要です。何故なら、カードローンを初めて申込む人のほとんどが、手続きや借入れ、返済に不安を感じているからです。大手銀行や馴染みのある地元の銀行の方が安心して利用ができます。加えて、銀行カードローンならではの低金利で利用できるという点でも安心して利用ができます。

デメリットとしては、手続きに多少の日数がかかる点です。カードローンsとカードローンプラスはネットでの申込みが可能ですが、どのカードローンも審査に2日以上かかります。すぐにでもお金が欲しいという時には、審査に2日以上かかればそれだけ融資が遅れてしまいます。

豊和銀行は低金利でかつ安心して申込みができますが、急な出費には対応できないというデメリットがあります。豊和銀行のカードローンと賢く付き合うならば、余裕を持って申込むのがポイントです。審査などの手続きに時間がかかるのは、最初の申込みだからです。

一度カードが発行されれば、2回目以降はATMからすぐに借入れができるので、申し込み時間のデメリットは関係がなくなります。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る