親和銀行でカードローンを使う

カードローンは、いざという時の備えとして持っておいて損はありません。例えば急な出費で10万円が必要になった場合、定期預金を崩すと損害が大きいですが、カードローンで借りてサッと返せば、利息は数十円から数百円で済んでしまいます。

親和銀行にもナイスカバーというカードローンがあります。1枚持っておくと様々な場面で役に立ちます。

カードローンはこんなに便利

カードローンの利用方法はとても簡単です。ナイスカバーであれば、親和銀行ATMだけでなく、コンビニATMでも借入れができるようになります。ATMにカードを入れて、希望金額を打ち込むだけで、その場でサッとお金を引出せます。

急な冠婚葬祭や学費、デートや旅行、家電製品が壊れた時にも、カードローンがあれば即座に対処できるでしょう。また、コンビニATMは夜間でも開いているので、急な飲み会の誘いの時や、残業で帰りが遅かった時でも、問題なく借入れができます。

これだけ便利で、年会費や入会金の類は一切かかりません。つまりカードを発行しておくだけであれば、維持費0円でいざという時の備えになるのです。

親和銀行のナイスカバー

親和銀行カードローンのナイスカバーは、初めての人でも安心して申込みができます。カードローンでは金利を気にする人は非常に多いのですが、ナイスカバーは8.5%~14.5%と、カードローンとしては低金利で利用ができます。金利が少ない程、払う利息も少なくなるので、この点は重要なポイントです。例えば1万円を借入れして1週間で完済した場合、かかる利息はたったの28円だけです。

また、ナイスカバーでは必要な書類がほとんどありません。免許証もしくはパスポートがあれば手続きが可能です。カードローンでは、収入証明書が必要な場合がありますが、これを用意するのは意外と面倒です。ナイスカバーなら収入証明書不要で手続きが可能です。

親和銀行カードローンのナイスカバーは便利なカードローンですが、欠点もあります。それは入金までの日数です。手続きは簡単なのですが、通常申込みの場合8営業日、Webからの申込みでも2営業日かかります。

急ぎでお金が必要な方は

できるだけ早急にお金が必要な人には、親和銀行のスピード振込サービスがあります。ナイスカバーのスピード対応タイプで、とにかくすぐにお金が欲しい場合にはこちらを検討してもよいでしょう。

ただし、スピード振込サービスには複数のデメリットがあります。振込みは50万円まで、限度額は90万円までという縛りがある上に、金利は14.5%の固定金利となります。また、ナイスカバーと違って、収入証明書を用意する必要があります。これらのデメリットも踏まえた上で、親和銀行での借り入れはどちらを選ぶべきかを考えましょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る