地方銀行カードローンのデメリット

伊予銀行にもカードローンのサービスがあるので、普段から伊予銀行を利用しているなら、馴染みのある銀行のカードローンの方が安心して利用できるという利点があります。

しかし、カードローンと言えば消費者金融のシェアは大きく、実際にこちらを選択する人も多いです。その理由として、地方銀行カードローンにはデメリットもいくつかあるからです。

1つ目の理由は審査です。銀行よりも消費者金融の方が、審査が緩いというイメージが定着しています。消費者金融の方が確実に融資してもらえると判断されがちです。

2つ目の理由が手続きの面倒さです。銀行の場合手続きに来店が必須だったり、審査に時間がかかったりします。消費者金融なら来店不要で申込みが可能な上、審査時間も早いので、それだけ早い融資が可能です。

3つ目の理由が機密性です。馴染みのある地元の銀行だからこそ、店頭で手続き中に知人に出くわすという可能性も出てきます。消費者金融なら来店不要なので、店頭での手続きを見られるという心配が要りません。

新スピードカードローンで解決

伊予銀行には新スピードカードローン、さっとカードローン、ほっとカードローンの、3つのカードローンがあります。さっとカードローンとほっとカードローンは名前が似ていますが、さっとカードローンは返済のタイミングが自由で、ほっとカードローンは毎月定額返済というだけの違いです。

伊予銀行ならば、地方銀行の3つのデメリットを解決できるだけでなく、消費者金融にはないメリットもあります。

実は消費者金融は専業主婦では利用ができません。その理由として総量規制という法律があるのですが、銀行のカードローンの場合、総量規制の対象外なので、専業主婦だから借入れができないわけではありません。

収入による規制がないという点では、実は銀行の方が、制約がないのです。新スピードカードローンの場合、配偶者の収入証明書や同意書を用意する必要もなく手続きが可能です。

手軽な手続きの伊予銀行

銀行の借り入れとなると手続きが面倒になるイメージがありますが、新スピードカードローンなら来店不要で手続きが可能です。

消費者金融の場合、50万円を超える限度額の場合には源泉徴収票などが必要になりますが、伊予銀行なら不要で手続きが可能です。さらに、契約時に直接口座にお金を振り込んでもらえるので、消費者金融同様に早急に融資を受けられます。

また、機密性についてですが、来店不要という点では消費者金融と同じです。ですが、消費者金融の場合にはカードローン専用のカードが発行されます。カードの所持からカードローンの利用がばれるというケースは、実は意外と多いです。

新スピードカードローンなら、通常のキャッシュカードと同じデザインなので、カードの所持から勘付かれる心配が不要です。さっとカードローンやほっとカードローンなら、伊予銀行のキャッシュカードをそのまま使用できます。

伊予銀行ならば銀行カードローンのデメリットも解決する上に、消費者金融よりも便利に利用できるのです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る