四国銀行のフリーカードローン

誰でも急な出費でお財布がピンチになる経験はあるでしょう。お金に困る理由はいくつもありますが、例えば車のローンや住宅ローンなどを組んで、高額な商品を購入する手段はあります。使い道自由で、幅広いトラブルを解決できるのがカードローンです。

四国銀行にはフリーカードローンというサービスがあります。必要な時に使い道自由でお金を借りられるので、申込みをしておくといざという時に役立ちます。

フリーローンとフリーカードローン

四国銀行にはフリーローンという商品もあります。フリーローンもフリーカードローン同様、使い道自由で借入れができるサービスです。しかもフリーカードローンよりも金利が少しだけ低いので、よりお得に利用できるようになっています。

ただし、フリーローンの場合には再度借入れをする時にはまた申込みから行う必要があります。1度だけしか借入れができない分、使い勝手が悪いというのがデメリットです。

一方、フリーカードローンの場合には、一度審査が通れば限度額が設定されます。この限度額を超えない限り、カードを使って何度でも借入れが可能です。申込みだけ済ませておいて、いざという時の借入れ時まで借入れをしないという使い方も可能です。

それができる理由として、フリーカードローンには年会費や入会金の類の料金は発生しません。借入れをしない限り、持っていても費用がかかりません。

フリーカードローンの特徴

四国銀行のフリーカードローンには、30万円から800万円の、14種類の限度額のコースがあります。実際にいくらまで借りられるのかは、審査によって決定します。金利は限度額や審査の結果によって4.5%~13.3%と、消費者金融や他の銀行と比べても低い方の水準と言えます。さらに、四国銀行で住宅ローンを利用している場合、0.5%金利が引き下げられます。

申込みについて、20歳以上65歳以下の、四国銀行近辺在住であれば申込みが可能です。カードローンの場合、収入のない専業主婦は受付を断られてしまう場合が多いですが、フリーカードローンであれば、専業主婦であっても30万円のコースなら申込みが可能です。

仮審査はネットや電話、FAXなどでも行えるので、とても簡単な上、最短即日回答なのですぐに結果がわかります。

注意点としては、本契約は来店の必要がある点と、申込み金額が300万円を超える場合には源泉徴収票などが必要になる点です。ただし、四国銀行のカードローンは現在利用しているキャッシュカードをそのまま使えるので、カードが増えず、人にカードローンとばれる心配がないというメリットがあるのです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る