便利に借りられるローン商品

中京銀行にはカードローンのサービスがあります。カードローンは各種ローンの中でも金利が高めなローンです。その代り、マイカーローンなどのように使い道が限定されていません。しかも一度カードが発行されれば、2回目からは申込み不要で、ATMから何度で借入れが可能です。便利さで言えば、カードローンの方が明らかに優秀と言えます。

中京銀行のカードローンは、C-styleとハイステージの2つあります。C-styleは申込み条件が厳しくなく、ハイステージは年収などの条件が厳しい代わりに、低金利で利用ができます。

利用対象が広いC-style

C-styleは幅広い人にとって利用がしやすいカードローンです。限度額は最高500万円、金利は4.9%~14.5%と、カードローンとしては低金利で利用ができます。

とはいえ、誰でも最低金利が適用されるわけではありません。C-styleでは利用限度額によって金利が決まります。100万円以下では14.5%の金利が適用され、以降は限度額が増えるに従い適用金利が下がっていきます。

C-styleのメリットは申込み条件にあります。安定した収入があれば、パートやアルバイト、年金受給者でも申込みが可能です。また、配偶者に収入があれば専業主婦でも受け付けています。さらに永住権があれば、外国人でも申込みが可能です。

実は外国人がカードローンを利用するのは、永住権があったとしても難しいのが現状です。ただし、外国人であっても安定した収入がなければ申込みができない点には注意が必要です。

優れる内容のハイステージ

限度額は100万円、200万円、300万円の3種類あり、適用金利が7.5%と低金利で利用できるのがハイステージです。C-styleで300万円借入れした場合の金利が10.0%なので、金利面ではハイステージの方が優遇されています。

ただし、申込み条件が厳しい点には注意が必要です。年収に制限があり、最低300万円以上の年収がなければ利用ができません。年収300万円以上で限度額100万円、年収400万円以上で200万円、300万円の申込みには年収600万円以上必要なので、誰でも気軽に申込める条件とは言えません。それでも7.5%という低金利で利用ができるので、年収が条件に合えばハイステージがお勧めです。

ただし、カードローンを選ぶ基準は金利だけではありません。ハイステージを選ぶ前に注意点が2つあります。

1つ目は必要書類です。ハイステージの申込みには所得を証明する書類が必須になります。急ぎの時など、所得証明書がすぐには用意できないという状況もあります。

2つ目は毎月の返済額です。C-styleは最低2000円からのゆとりの返済額というメリットがあります。ハイステージでは最低でも1万円からの返済です。

これらの点に考慮した上で、中京銀行のカードローンはどちらを選ぶべきかを決めましょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る