意外とかからないカードローンのコスト

カードローンを利用すると利息がかかります。これは誰でも知っている常識です。カードローンのコストとして、利息以外にかかる費用になにがあるのか、これについては、意外とほとんどコストがかかりません。かかるコストと言えばATM利用時の手数料位のものです。

利息意外にコストがかかるというのは、他では珍しいものではありません。例えばクレジットカードのゴールドカードなどは年会費がかかるものがほとんどです。ショッピングなどの会員カードでも、一部は年会費や更新手数料がかかるものがあります。更新手数料は100円など、大した金額ではありませんが、1年間全く利用しなかったとしても同じように手数料がかかるのはもったいない気もします。

また、多くの方が保有している免許証ですが、こちらも更新時には結構な金額の更新料がかかります。

カードローンの多くは年会費や手数料がない

年会費や、申込み時の発行手数料の類は、多くのカードローンでは不要です。発行時はもちろん、発行後も基本的に維持費のコストはかかりません。維持費がかからないという点は重要で、使わないとしてもコストがかからなければ無駄は生じません。

キャッシングやカードローンは持っていて損はないと言いますが、持っているだけではコストがかからないという点では、確かに的を射ています。

カードローン利用時のATM手数料

ただし、カードローンの借入れ、返済時にATMを利用すると、意外と手数料がかかります。後述しますが、手数料は各カード会社によって変わります。その多くは税抜きで100~200円程度です。

一度の金額で見るとそれ程ではなくても、これが毎月、もしくは月に何回も利用するとなると、全体で見れば大きな金額になります。長期利用者によっては総額で1万円を超える手数料を払う人もいます。

手数料は利用するカードローンによって、ATM、時間帯によって、変わってきます。もちろん無料の場合もたくさんあります。

ATM手数料がかからないカードローンが狙い目

カードローンを賢く利用したいなら、手数料のかからない店舗のATMを利用すればよいでしょう。うまく利用すれば、銀行ATMでお金をおろすよりもお得に利用できます。特に土日や夜間帯であれば、銀行の手数料よりもカードローンの利息の方が安く済む場合もあるほどです。

また、自由度も高く、かつコストを抑えて利用したいならば、提携ATMでも手数料がかからないカードローンが狙い目です。いつでも無料で使えるカードローンとして有名なのはオリックス銀行カードローンであり、金利面でも優れていると人気です。

一部の銀行のカードローンでは、自行のATMだけでなく、提携ATMでも手数料がかからないので、例えばコンビニのATMでも手数料無料で借入れや返済ができます。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る