借入金額を増やしても返済が変わらない?

カードローンを組むと毎月の返済額が決まります。計画的に利用するためには返済額と返済期間の把握はとても大事です。自分がいくら借りていて、毎月いくら返済し、いつまでに完済できるのかはいつも意識しておくべきです。

カードローンの審査に通ると、限度額が設定されますが、その範囲内であれば追加で融資を受けることもできます。追加で融資を受ければ返済しなければならない金額も増えてしまいます。

しかし、追加融資をしたからといって毎月の返済額が増えるとは限りません。多くの場合、返済額に変化はなく、返済期間が伸びるだけなので毎月のやりくりが大変になるわけではありません。だから気軽に追加融資を受けることができるのですが、返済期間と利息に充てられる部分が増える点には注意が必要です。

返済額が増えるタイミングを把握するべき

カードローンのほとんどは、毎月の返済額はある程度一定です。10万円借入れしたとしても20万円借入れしたとしても毎月の返済額自体は変わらず、返済期間が長くなります。

こういった返済方式を残高スライド定額方式といいます。毎月の返済額が変わらないので、返済計画は立てやすいというメリットがあります。

ただし、いくら借入れしても返済額が変わらないわけではありません。スライド方式なので、30万円までなら毎月の返済額は8,000円、30万円超なら返済額が14,000円といったように、ある金額を境に返済額が大きくなります。

ここを知らずに何となく追加融資を繰り返していたら、ある時突然返済額が大きくなって困らない様、いくらから返済額が大きくなるのかは把握しておいた方がいいでしょう。

返済額を調整するコツ

返済額が少なければいいと一概には言えず、返済額が小さければその多くが利息の支払いに充てられてしまう点には注意が必要です。

ほとんどが利息に支払いに充てられてしまうなら、元金がほとんど減らないので完済までの期間は大幅に延びてしまいます。とはいえ、返済額が大きければ家計に対する負担が大きくなるので、これについては一長一短です。

カードローン会社の規定に沿って返済をしていってもいいのですが、もっと早く完済したい、もしくは毎月の返済の負担を減らしたいのであれば、返済額を見直すこともできます。方法は単純で、直接カードローン会社に相談をするだけです。

早く完済したいのであれば繰り上げ返済といって、通常の返済とは別に追加での返済も簡単にできます。自分に合った返済方法を相談して、お得にも無理なくにでもできます。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る