カードローンの金利は重要じゃない?

カードローン選びで金利を気にする人は非常に多いです。金利が高ければ払う利息も大きくなるので、少しでもお得に利用したなら金利が低いに越したことはありません。しかし、実は金利の大きさはカードローンの利用において、それ程重要ではありません。

金利が高ければかかる利息も大きくなるというのは確かに当たっています。しかし、例えば10万円の借入れで1年間にかかる利息を計算した場合、金利15%で15,000円、金利18%で18000円です。金利が3%違っても、1年で比較すると3,000円の違いです。これを大きいと見るか小さいと見るかは人それぞれです。

ただ、これを1ヶ月の利息で見ると、単純に12ヶ月で割って、金利15%で1,250円、18%で1,500円です。月に250円の利息の違いがそれ程重要でしょうか。

金利が低いのに利息がたくさんかかる理由

金利が低いから選んだカードローンなのに、利息がたくさんかかっていた、というケースは実は非常に多いです。金利18%なのに某消費者金融のカードローンの方が支払い総額が少ないというケースもあります。この違いの理由は明白です。

かかる利息が大きく変わる理由、それは毎月の返済額や返済期間の違いです。カード会社との契約によっては、毎月の返済額が非常に少ない場合があります。逆に10万円程度の借入れでも1万円以上の返済額で設定されるカードローンもあります。

毎月の返済額が大きければ、元金の減りが早いので、払う利息が少なくなるのは当然です。逆に、たった10万円の借入で毎月3000円程度しか返済しなければ、返済額の多くが利息に充てられるので、元金がほとんど減りません。例えば金利が3%程度低いとしても、返済額の過多による影響の方が大きいのは明らかです。

返済額がいくらかを調べる

カードローンを利用するときに重要なのは、金利よりもむしろ返済額です。毎月の返済額によって返済計画は大きく変わります。返済額が少なければ払う利息も大きくなりますが、毎月の負担は軽減されます。返済額が大きければ払う利息は少なくなりますが、毎月の返済の負担は大きいので大変です。

基本的に毎月の返済額を増やすという行為は、どのカードローンでも問題ありません。ただし、最低の返済額は設定されているので、その金額以下の返済の場合は事情などを申告しなければいけません。

なので、返済額を調べる時には、最低の返済額がいくらになるのかで比較をします。最低の返済額が自分の収入と照らし合わせて無理なく返済できるのかどうかをよく考えましょう。

返済額が小さい場合には完済までの期間が長く、払う利息も大きくなります。この場合にも、定められた返済額だけ払うという考えではなく、積極的に繰上げ返済をする考え方で計画を立てるべきでしょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る