借入れ目的は審査に影響があるのか

カードローンの申込時には、借入れの目的を必ず聞かれます。目的を聞かれるのならば、それも審査に影響を与えるのではと考えるのは自然です。実際に影響があるかないかで言えば、借入れ目的によっては審査が通らなくなることはありますので、影響はあると言えるでしょう。

カードローンの申込みにおいての鉄則は嘘の申告をしないことですが、借入れ目的については正直に答えてもそれ程審査に不利にはなりません。

審査に通りにくくなる借入れ目的

ただし、浪費やギャンブルのための借入れは例外です。カードローンの申込み時には、ギャンブル目的の借入れはまず断られます。借入れしたお金は返済してもらわなければいけませんが、ギャンブル目的では全く返ってこない可能性が高いとみられるのは当たり前です。

浪費にしても同様であり、正当な消費性資金であれば問題はありませんが、これらの目的でカードローンを利用しようとしても、まず審査には通りません。

生活苦での申込みは問題ないのか

借入れ目的が生活費の補填の場合、カードローンの審査に通らないのではないかと不安になりそうですが、生活費の補填であっても特には不利になるようなことはありません。

生活が苦しいということは、返済も苦しくなることが予想されます。その為、多額の貸出しを期待するのは厳しいです。

しかし、そもそもカードローン自体が支払いなどでお金が足りない時に利用するものです。生活費の補填が必要な理由は人それぞれですし、一時的に出費が多かったという可能性もあります。生活費の補填が目的なのは、寧ろ最も多いケースといえます。

遊びや嗜好品購入での申込み

遊び目的や欲しいものを買うためのカードローン申込みについて、無駄遣いのために借金をするなんて、という考え方の人もいます。しかし、カードローンの審査においてはそれ程問題ありません。寧ろこれらが目的でカードローンを利用する人は、優良顧客とさえいえます。

カードローンは使ってもらわないと利益がでません。利息が出なければ経営が成り立たないので、手軽に利用してくれて、きちんと返済してくれる顧客がいなければ潰れてしまいます。レジャー目的などでカードローンを利用するのであれば、次も同じような目的で利用してくれる可能性が高いと考えます。

生活苦でなければ、それだけ返済に余裕が持てるだろうという期待も持てます。もちろん返済能力があるという前提があってこそで、その人の収入や信用情報は参考にされますが、これらに問題がなければ審査はそれ程厳しくはなりません。

総じて言えば、浪費やギャンブルなどの不純な目的の消費性資金でなければ、借入れ目的はおおむね自由に記入しても問題はありません。ただ、虚偽の記載をすると何らかの悪影響が出る可能性はあるので、注意をしておきましょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る