無利息なら一番お得なカードローン?

カードローンは様々な企業がサービスを展開しています。当然私たちは自分にとってメリットの大きいカードローンを選ぶことになります。中には無利息期間有りのサービスを行っているところもあります。無利息期間があるならそこで借りるのが一番いいのではないかと考える人が多いですが、果たして本当にそうでしょうか。

実は、無利息期間有りのカードローンを利用して実際に失敗したというケースは意外と多いのです。失敗しないためのポイントは、利用シーンと使用頻度の把握です。

無利息期間有りのサービスの便利さ

無利息期間有りのカードローンサービスで有名なのは、プロミスやレイクです。これら2つのカードローンサービスは、初めての利用に限り、無利息期間有りでお金の借入れができます。

プロミスの場合にはWeb明細利用とメールアドレスの登録、レイクは初めての契約の方なら適用がされ、無利息サービスの凄いところは、無利息期間であれば本当に利息を全く払わずに完済できる点です。無利息でお金を借りられるのだから、本当にタダでお金を貸してくれるようなものです。

もしも無利息期間内に完済できないとしても、利息はその後からかかってきます。無利息期間内に1回は返済しているケースがほとんどなので、利息の計算は1度目の支払いが終わった時点の残債から算出されます。無利息期間内に完済しないとしても、利息が減るのでお得に利用できるのです。

無利息期間の落とし穴とは

とてもお得に見える無利息期間のサービスですが、落とし穴があります。どちらも手軽なカードローンとなっているため、銀行と比べると金利が高めに設定されています。ただし、高金利だからといって即座に損をするとも限りません。返済期間が短ければ、確かに無利息期間有りのプロミスやレイクの方が支払う利息の総額は少なくなるのです。

多額で長期間の返済であれば銀行カードローンの方がお得になりますが、初めての利用では多額の借入れが現実的に不可能なので、やはりプロミスやレイクに分があります。

問題は初回の借入れではなく、2回目の利用なのです。2回目の利用であれば、通常の利息がかかります。なので、次に利用する時には銀行カードローンなど金利の低い所を利用した方がお得になります。

しかし、実際に2回目に他のカードローンを利用する人の割合は少ないです。他のカードローンを利用する場合、もう一度申込み手続きから始めなければいけないので手間がかかります。発行済みのカードがあれば2回目の借入れもATMなどからすぐに行えます。

こういった手間の差を考えるなら、最初から金利の低い銀行を選ぶという選択肢もありです。もしもまた利用するつもりがないのであれば、無利息期間のサービスを選ぶ方がいいでしょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る