急な出費で支払いに困った時

急な出費で支払いに困るという経験は、ほとんどの人があるでしょう。本当に困った時には、カードローンでお金を借りて、それで払ってしまうというのも一つの手です。

支払いを借りたお金で済ませるのに抵抗を持つ人もいますが、要は考え方です。カードローンで借りたお金は返済しなければならないので、その場しのぎではあります。支払いを遅らせることと、カードローンを利用することと、どちらのデメリットが大きいのかを考えてみましょう。

支払いを遅らせるかカードローンで借りるか

カードローンで借りるデメリットについて考えてみます。カードローンの利用によって発生するのは返済と利息です。一時的に借入れをしても、同額プラスアルファの返済をする必要があります。長期にわたって返済するのであれば、利息も大きくなりますし、その間は毎月の出費も増えてしまいます。

一方、支払いを遅らせるデメリットについてですが、何の支払いかによって変わってはきます。ですがデメリットはおおむね共通しているものです。支払いが遅れれば電話なら通話、公共料金なら水道や電気などのサービスが止められてしまいます。支払いが遅れれば延滞金がかかる点は、カードローンの利息と似ています。

支払い遅れが深刻になればサービス停止、解約、訴訟や差し押さえなどのデメリットも生じてきます。ここまで深刻な状態であれば、カードローンを利用してでも危機を回避しなければなりません。

支払いの種類によっては、信用情報に傷がつき、ローンやクレジットカードの審査に通りにくくなるというデメリットもあります。

どこで決断するのか

カードローンを利用すると利息が取られますが、これは他の支払いでも延滞金などがかかるので大きな違いはありません。突き詰めて言えば、カードローンを利用すれば支払い遅れによるサービス停止などのリスクを回避できますが、返済という毎月の出費が増えてしまいます。

返済が可能かどうかをまず考えて、無理なく返済ができそうならカードローンがよいでしょう。しかし、毎月の返済による出費がきついと判断するならば、別の手を考えるべきです。返済できそうにないお金を借入れすることは自分の首を絞めることになります。その時には、様々なデメリットは覚悟の上で、支払いを遅らせるなり、分割で分けて支払えるよう交渉する必要があります。

どちらもきついという場合には、カードローンの返済期間を延ばして、毎月の返済負担を軽くして借入れするという方法もあります。払う利息は増えますが、毎月の負担を減らすことで無理なく借入れすることができます。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る