葬儀費用でカードローンを利用する

カードローン利用のきっかけは人それぞれですが、意外と多いのが冠婚葬祭の出費を賄うために申込むケースです。特に身内の急死の時には、まとまった現金がないと大変です。

カードローンのサービスは、特に葬儀費用でのピンチとの相性がいいといえます。一時的に葬儀費用をカードローンで賄い、まとまったお金が入ってから返済ができるからです。

葬儀費用の問題点

突然の不幸に悲しむ暇もなく、身内は葬儀などの準備で大忙しになります。葬儀の段取りについては忙しさの中で業者の言いなりになってしまうケースが本当に多いです。大抵は後で葬儀費用の請求を見て驚かされます。

葬儀費用の問題点はいくつかありますが、現金で要求されることがほとんどです。それも葬儀が終わってすぐに支払いを迫られます。翌日までに150万円現金で用意してくださいと言われて、ポンと払える家庭の方が少ないのではないでしょうか。香典は入りますが、香典ですべて賄えるわけではありません。

さらに、故人の口座は凍結されてしまい、お金を引出すことができません。保険金も即座には降りてこないので、現実問題、自由にできるお金が葬儀直後にはないのです。支払いの期間さえ長ければ解決するのにというケースが、葬儀費用においては多いのです。

カードローンで解決する理由

葬儀費用での問題点は、すぐに現金を用意しなければならないのに、必要なお金がすぐには入ってこない点です。カードローンのメリットは必要な時にすぐにお金の借入れができる点です。だからカードローンで葬儀費用を賄う人が多いのです。

カードローンのカードを持っていないとしても、それ程問題ありません。今は即日キャッシングといって、当日、または翌日にはお金を借入れできるカードローンもたくさんあります。急な出費で緊急でお金が必要な時でも安心です。必ず即日融資対応のカードローンを選びましょう。

カードローンには返済や利息のデメリットもありますが、葬儀費用の捻出という目的であればこれについてもそれ程問題ありません。葬儀費用は高額ですが、遺産の相続が終われば口座の凍結も解除されます。保険金の受け取りも含めると、まとまったお金を受け取れるようになります。

カードローンの返済は長期間にわたって行ってもよいのですが、お金が用意できたら一括で返済がお勧めです。完済してしまえば返済の心配もいりませんし、短期間での完済なら利息もほとんどかかりません。

カードローンなら繰り上げ返済でも手数料が取られるようなところも少なく、いつでもまとまったお金が入れば払い切ることが出来るため、便利に使えるのです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る