端末の滞納があると悪影響

最近増えているのが携帯電話の審査落ちです。以前は携帯電話の契約ができないという話はほとんどありませんでしたが、最近は審査に落ちてしまったというケースも意外と多くなってきました。携帯の審査もカードローンの審査も、信用情報機関へ個人情報を問い合わせた結果を判断基準の1つとします。

例えばカードローンの返済の遅延情報があれば、携帯電話の分割支払いの審査に通るのが難しくなります。その逆も同じで、携帯電話の支払いが度々遅れている人は、カードローンの審査に通るのが難しくなります。それだけでなく、住宅ローンや車のローンの審査にも影響が出ます。

携帯端末の割賦販売とは

携帯電話やスマホを契約するときに、本体は実質0円という言葉を聞いた覚えがある人は多いと思います。0円と言うと端末のお金が掛かっていないように感じますが、実際には端末代金は分割で払っています。

ただし、通信費などから同等の金額を差引いているので実質という言い方をするのです。割賦販売という言葉を易しくいうと、分割支払いともいいます。

携帯料金は通常毎月支払いをしますが、この支払いが遅れれば、割賦販売の遅延情報が信用情報として登録されてしまいます。携帯電話の通信料の審査は別の機関が行いますが、分割支払いの審査とクレジットカードやカードローンの審査は、信用情報機関の情報を参照して行われます。

つまり、携帯料金の滞納があっても、カードローンの滞納があっても、お互いに影響を及ぼすことになります。

携帯電話で審査に影響が出るパターン

携帯料金ではなく、あくまでも端末代金の支払い遅れの情報が信用情報として登録されます。つまり、端末代金を一括で支払った場合、またはショップ側で全て負担してくれている一括0円と呼ばれる販売形態で購入した場合は、影響はありません。この違いに気付かずに審査に落ちてしまう人は意外と多いです。

もしもカードローンの審査に通らなかった場合は、携帯料金の支払いについて確認してみた方がいいかもしれません。

また、最近では大人が携帯端末の審査に通らないために、子供の名義で契約するケースも増えています。この場合、名義が子供なので、もしも親が支払いを遅らせてしまうと、実の子供の信用情報に傷がつく点には注意が必要です。

手軽に高価なスマートフォンを買える割賦契約ですが、もしそうなってしまうと、子供が将来カードローンや自動車ローンを組む時の審査にも影響が出てしまうのです。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る