カードローン審査時の在籍確認

カードローンを申込むと審査があり、必ず在籍確認が行われます。申込み手続き時には年収や職場についても聞かれますが、現在申告した会社に在籍しているかどうかを直接電話で確認します。

在籍確認の電話がきっかけで職場の人にカードローンの申込みがばれる可能性があります。とはいっても、カードローン会社の名前や審査だという説明はしないので、普通にしていれば、ばれる可能性は少ないともいえます。

例えば「鈴木と申しますが○○さんはいらっしゃいますか?」という風に、個人名しか名乗らないのが普通です。在籍確認の電話でばれるようなら誰もそのカードローンを利用しなくなってしまうので、ここはばれないように慎重に行われます。

この時、もしも不在で電話に出られない状況でも大きな問題にはなりません。本日は休み、席を外しているといった回答であれば、携帯にかけ直してみますなどと伝えて電話は終わりです。

休みと言われれば、その会社に在籍しているという証明にもなるので、これで在籍確認は問題なかったと判断されます。

勘のいい人にばれるパターン

ところが、電話に出た人の勘が良ければ、個人名だけの在籍確認の電話でもばれてしまう可能性はあります。カードローンの社名を名乗らなくても、ひょっとしてカードローンの申込みではないかと、分かる人には分ってしまいます。

会社にもよりますが、例えば個人名のみで電話がかかってくること自体が不自然な会社もあります。普通仕事上の電話をかける時には、自分の社名や肩書を名乗ります。それが無いという時点で怪しいと感じる可能性もあります。特にカードローンやキャッシング利用経験者であれば、気付いてしまう可能性は十分あります。

在籍確認でばれないための対策

在籍確認で絶対にばれないという保証はありませんが、対策は取れます。そもそも自分で電話に出てしまえば何の問題もありません。生年月日など簡単な質問をされる位で、電話はすぐに終わるので不自然な点はありません。

また、自分で電話を取るのが難しい場合、信頼できる人に取ってもらうか、電話に出て欲しくない人がいないタイミングで電話をかけてもらう方法もあります。在籍確認の電話のタイミングは相談できるので、都合の悪い時間帯や日にちがあれば伝えておきましょう。

どうしても回避が難しい場合には、電話連絡が不要で利用できるモビットのWeb完結を利用するか、他のカードローンでも電話無しでできないか相談しましょう。直近の給与明細や保険証などで職場の確認をしてくれる場合もあります。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です

ページトップへ戻る