低い金利で借りられる

渡島信用金庫にもカードローンのサービスがあるのですが、信用金庫のカードローン自体の認知度がそれ程高くありません。非営利団体の信用金庫だからこそ、お得にサポートを受けられるケースもあるので、知っておいて損はありません。

渡島信用金庫のカードローンは20歳以上65歳未満であれば申込みが可能です。限度額は最高100万円まで用意されていて、金利は12.5%です。消費者金融や銀行のカードローンと比べると、金利に幅もなく、返済額も3種類、限度額によって決まるのですが、30万円コースなら10000円、50万円コースなら15000円、100万円コースなら20000円と、非常に明快となっています。

ただし、渡島信用金庫のカードローンには、消費者金融や銀行にはないデメリットもあります。何が便利で何が便利でないのかを知ってから検討するのがよいでしょう。

おしま信金カードローンカードのデメリット

渡島信用金庫おしま信金カードローンは、12.5%という低金利で利用できるメリットがあります。ただし、消費者金融のように電話やネット、無人契約機でカード発行というわけにはいきません。必ず店頭にて申込みをしなければいけません。

また、申込み詳細についてもネットや電話での相談が難しく、渡島信用金庫の店頭にいかなければほとんど情報が得られません。一方消費者金融の場合、無料相談窓口もありますし、即結果がわかる、簡易のお試し審査のサービスもあります。

信用金庫のカードローンの良さ

カードローンの利用について、審査を気にする人は意外と多いです。お金に困っている人ほど、支払や返済の履歴に問題がある傾向もあるので、これは仕方がないことかもしれません。だからこそ、審査に通りやすそうな消費者金融を利用する人が多いのです。

しかし、今までクレジットカードの未払いやカードローンの返済事故がない人の場合、審査をそれ程気にする必要はありません。審査が問題なければ、金利の低いカードローンを選ぶのも当然の選択と言えます。そうなると渡島信用金庫のカードローンを選択肢に入れた方がいいという人もいるでしょう。

ネットから簡単申込みというわけにはいかず、渡島信用金庫まで足を運ぶ必要があります。申込みの手間という点では不便に感じるかもしれませんが、カードローンのメリットは何度でも繰り返し利用ができるところです。

カードを受取ることができれば、2回目からの利用はATMで簡単に借入れができます。要するに、初回の手間さえクリアすれば、2回目からの借入れは消費者金融とほとんど変わらないのです。

支払い関連の問題に心当たりがなく、高金利でカードローンを利用するのが嫌ならば、渡島信用金庫に相談に行ってみてもよいでしょう。

▼人気のカードローンをチェック

オリックス銀行カードローン
来店も口座開設も不要で、希望額300万円まで所得証明不要でおまとめや借り換えにも使えるカードローンです。

イオン銀行カードローン
専業主婦でも極度額50万円まで、安定した収入を得ている方なら最大800万円の極度額が魅力の借り入れとなります。

アイフル
大手独立系消費者金融のカードローンで、Web契約時に自宅に郵送されるカードの配達時間が選べます。

モビット
パソコンやスマホで進められるWeb完結であれば、電話も郵送物もないカードレスの借り入れが出来る消費者金融です。

ページトップへ戻る